NPO設立の本を読む

NPO設立の本を読んでみよう

NPO設立とは、社会的に認められるボランティア組織を作るということです。
その為、所轄庁にきちんと申請をして、その活動内容を認めてもらわなくてはなりません。
まずは、どういったことを決めなくてはならないのかを勉強してみましょう。

そこで、NPO設立の本を読んでみることをお勧めします。
空き時間で少しずつ勉強していけるので、マイペースに準備を進められるでしょう。
それに、本は比較的安価なので、大きな負担にはなりません。

NPO設立の本については、最新版を選択することをお勧めします。
なぜなら、NPOに関する法律が、定期的に改訂されているからです。
勉強するにしても、役に立つ内容でなければ意味がありません。
特に、税務や社会保険は毎年法律が改訂されているので、要注意です。

NPO設立について準備が整ったら、いよいよ所轄庁に書類を提出することになります。
ただし、所轄庁の担当者からのチェックがある為、事前に予約を取りましょう。

企業によるNPO設立

企業によるNPO設立は下記のようなメリットがあります。
NPO設立をして非営利団体として立ち上げることにより、有限会社や株式会社とは違うNPO法人としての社会的信用を得ることができます。
NPOとは(Nonprofit Organization)の略名で『非営利団体』を意味します。社会的な立場で見ると、NPO法人は利益を求めず社会貢献活動や様々な慈善活動を行う団体ということになるのです。それゆえ、会社的な信用とは違う信用を得ることができるのです。
・NPO設立は資金運用などの点で恵まれている。
国や地方の公共団体など、また銀行などの公的金融機関はNPO法人に対して援助を提供する取組がなされています。
つまり同意した資産家などの援助、寄付を受けられます。しかもNPO法人に対しての援助金、寄付金は税制上の優遇があります。

Copyright© 2014NPOの法人設立って特殊です。 All Rights Reserved.